意外と多い、押入れの荷物

*** PR ***

  • 私は物が捨てられない性質で、いろいろと取っておいては押入れに詰め込んでいました。

    あるとき、主人の転勤で引っ越すことになり、引越し業者の人が見積もりにやってきました。

    家の中の家具、押入れの荷物をチェックして、「荷物、少ないですね!」と言って見積もりをしてくれました。

    それが安いのか高いのか、はじめての引越しだった私にはわかりませんでした。

    荷物は多いほうだと思うけど。

    よそのお宅はもっと多いのかしら?と思っていました。

    引越し当日、トラックが1台やってきて、次々と荷物を運んでいきます。

    冷蔵庫やタンスなどの大きな物がまず運び出され、次は押入れ。

    さすがはプロ。

    手際よくどんどん運んでいきます。

    が、押入れの中の物を半分ほど運び出したところで、なにやら慌てて電話をかけています。

    「まずいっす。

    1台じゃ足りないみたいです。

    」 古い社宅の押入れは普通の規格よりも少し大きく、私は奥までぎゅうぎゅうに荷物を詰め込んであったので、営業さんの予想を超えていたようです。

    その上、ベランダにサーフボードが数枚。

    そういえばベランダはチラッと見ていましたが、建物側に立てかけてあったので、何も物がないと思っていたそうです。

    追加でトラックがやってきて、2台にパンパンに荷物を詰め込んで運んでくれました。

    追加料金は請求されませんでしたが、営業さんには申し訳なく思いました。